運転免許に書かれている12桁番号の意味

運転免許に書かれている12桁番号の意味

2018年01月13日

世間にあまり知られていない情報

左から1、2番目の数字は公安委員会番号 12桁の数字の左から1~2桁目は初めて免許証の交付を受けた公安委員会の番号。 北海道が10番台、東北が20番台、というように、日本列島の上から順に数字が割り振られています。 例えば、東京で初めて免許を取得した人は「30」、愛知だったら「54」。

そのほかにも免許証番号の知られざる意味が隠れていた。

いいね!で映像を見る

いつもありがとうございます。